女性の薄毛の原因

女性、特に40代以降の方の薄毛が増える原因の一つにエストロゲンの減少があります。

エストロゲンとは女性ホルモンのことですが、これは毛髪を発達させ、そして毛髪の成長期を持続させる働きがあります。

エストロゲンの分泌は28歳ごろがピークです。

それを過ぎると年齢を重ねるごとにこのエストロゲンが減少していき、減少すると髪の毛の成長期が短くなってしまい、休止期は長くなるという現象が起きます。

そして閉経後は特にこのエストロゲンが極めて少なくなることでしょう。

こういった理由で女性の特に40代以降の方が薄毛になってしまうようです。

薄毛の症状としましては、髪の毛自体が痩せてしまったり、また1つの毛穴から出る髪の毛の本数が少なくなったり、さらには髪の毛の色が薄くなったりします。

特に頭頂部が薄くなる「びまん性脱毛症」が多いようです。

実際自分の頭頂部は、前から見たらあまり気づかないでしょう。

しかし、周りの人からは見られています。

ですから、合わせ鏡を使ってチェックしてみましょう。

自分が思っている以上に薄くなっているかもしれません。

薄毛の進行を調べるには、1か月ごとに頭頂部の状態を写真にして、比較することができます。

こうすることで、早めに薄毛の対処をすることが出来るでしょう。

もしかしたら、病院に行かずに済むかもしれません。

女性の薄毛は、このびまん性脱毛症の他に、女性型脱毛症もあり、M型、O型、またはびまん性と女性型が混ざっている複合型などがあります。

関連ページ ≫[女性薄毛概論